最近、腹を立てたことはなんですかと尋ねられれば、
私は即座に、若い母親が小さな子供を放置することだと答えます。

 

近頃、デパートや飲食店内で幼児を野放しにしている
母親が、非常に目に付くのです。

 

最近、腹を立てたこと なんですか?

最も多いのは、玩具売り場で子供にサンプル用の玩具で遊ばせておいて、
自分はスマホの操作に夢中になっていたりママ友と雑談などをしている母親です。
自分の子供が玩具を粗雑に扱おうが、
よその子供が手にしている玩具を奪い取ろうが、全く気付きません。

 

私自身が2歳児の育児中の母親であるため、
小さな子供が放置されている様子を見ると気になって仕方がありません。
心配する気持ちもあるのですが、それ以上にその母親の非常識さに憤りを感じます。
かといって放置しないように言うのは余計なお世話という気がするのでできません。
ですから先日は私は我が子に向かって、危ないからママから離れたらダメですよと、
わざとまわりに聞こえるような大きな声で言いました。
そうすると、自分の子供を放置していた何人かの母親が全員、
私の声にハッとして、自分の子供を目で追い始めました。

 

これからも幼児を放置している母親を見かけたら、
この手を使おうと思っています。

 

彼がお金を返してくれないといった現状に陥ったらどうすべきか

 

彼がお金を返してくれない

彼がお金を返してくれない、
あるいは友人に金を貸したのに全く返済する様子がみえないなどの
話はよく聞く話しではあります。 
時代が変っても、全く同じことが起きるものではあります。 
http://www.csccrop.com/
http://okane4u.com/

 

私自身も、経験があることではあるのです。 
学生時代のことなので、金額はお昼のランチの代金分といった些少なものではありますが、
些少ゆえに返金を要求できないままに終わりました。 
後で、聞いたところによるとその友人の昼メシ代を貸してというセリフは、
昼飯代金を頂戴というのと同じことだと考えていれば間違いがないとまで言われてしまったのです。 

 

要するに、その友人はお金に非常にルーズで、
あちこちの顔見知りにお金の無心をしては返さずに忘れたあるいは忘れたフリをしているらしく、
私を含めお金を貸した周囲の人間は大体が諦めるしかなかったのです。 
しかし、これを機に私は用心するようになったので勉強代と考えるようにしました。

 

以降は、知人だろうが彼だろうがお金を貸してと言われただけで、
この人とは二度と会うまいと決意するにいたったのです。

 

 

婚約中の彼に腹を立てた

近年、婚約中の彼氏と喧嘩をしている女性が増加しています。
特に同性をしている場合にはいろいろとお互いの
嫌な部分についても目立ってくるために、
喧嘩が起こりやすい環境になることが知られています。

 

そこで、婚約者の彼に腹を立てた女性たちが
インターネット上の口コミサイトや掲示板などで
鬱憤を発散させることが日常的なこととなりつつあります。

 

インターネットを利用するユーザーの女性にとって
自分と同じような境遇にある女性の体験談がとても重宝されており、
口コミサイトなどを定期的にチェックしている人が増加しています。

 

婚約者との喧嘩が起こった場合には不特定多数の女性に意見を求めることによって、
積極的な解決方法を探すこともできます。

 

インターネット上では婚約者と喧嘩をしている女性がブログなどで
日ごろの県下の内容などについて書き記していることもあり、
今後もさらにインターネット上でも婚約中の人たちから
支持されることが見込まれています。

 

婚約者は、友達の元カレ

結婚披露にどこまでの関係者を招待するかは悩みどころ。
婚約相手が友達の元カレという状況も複雑。
その友達に招待するかどうか?

 

婚約者と友達は、すでにわだかまりが無い状態で
仲間としてお酒も飲めるし、一緒に遊びにも出かけられる
ということなら、招待することに問題も無い。
その友達が先に結婚うぃしているケースなら招待OK。
招待状を出し、出欠は相手に任せればいいでしょう。

 

しかし、わだかまりがって気まずい状況であれば
招待は控える方がいいと思われます。
友達が婚約者にフラれたという場合では、
こちらがいわば勝利者、
送られてきた招待状はどこか勝ったものからの優越感があって
友達を傷つけることになりそう。
友達が婚約者をふった場合は逆に彼女の前で
フラれた婚約者と結ばれる自分が惨めな気にならないともかぎらない。

 

どちらにしても、本心から
祝福する、祝福されるという気分になるのはムリ。
招待者からは外しておいてほうがいいでしょう。

 

 

 

飲み会がお開きの頃になって、自宅が遠い友人がポツリ。
「あ〜あ、もう帰るの面倒になっちゃったなぁ。
 あなたは近くていいなぁ!そうだ、今夜泊めてもらっちゃおうかなぁ!?」
そんな頼みごとに依存がなければ問題は無いのだけど
本音が「えっ、泊まるのぉ? やだな」というところにあるときは、
返答に困ってしまう。
なにか、相手が「それなら遠慮しなきゃ」と感じる、うまい理由があれば。

 

今夜泊めて! のお願い、ホントは断りたい

このケースでは、「もっか、わが家お泊まりいただく環境にない」
ことを強調するのがいい。
「じつは昨日から、お風呂が壊れちゃって、使えない状態なの」など。
飲んで帰った翌朝のシャワーは欠かせない。
それが使えないとなれば普通は、「やっぱり帰ろ」となる。
エアコンがなくてはとても過ごせない季節なら、それを故障している手も。
あるいは「カレ」を使うのも。
「泊めて」と頼まれたら、間髪を入れずに
「ごめん、カレのところに行こうかなと思ってたんだ」と返す。
相手によっては「カレ氏」を持ち出すのはまずいこともあるが
持ち出せる相手ならこれで「そぉかぁ、じゃ仕方ないね」と
諦めてくれるに違いない。

 

 

 

飼い主には溺愛の対象でも、嫌いな人には「近寄らないで!」
といった対象になるのがペット。
ネコだけは超苦手なのに、結婚した友人の家に遊びに行ったら
「ニャー ニャー」の鳴き声が聞こえてきた。
ご主人が長年、溺愛してやまないネコちゃんだからって
とっても付け焼き刃のネコ好きなんか装えない。

 

友人に家に行ったら超苦手なネコが...

しかし、いきなり「私、ネコだめなの」とするのはマズイ。
対面することになったら、ご主人の手前もひとまず
小声でいいから「まぁ、カワイイ」くらいのことはいっておくがいい。

 

そして、友人にそっと真実を耳打ちする。
そうすれば、友人はさりげなくネコを遠ざけるように気を配ってくれるはず。
逆に自分がペットを飼っていて友人を招くときには前もって
「うち、ネコがいるんだけどOK?」と聞いておくのが親切。

 

 

デートは服装チェックが肝心!

休日のデート、前もって行動予定を決めている場合はいいけど
会ってから考えようというケースでは、お互いの思惑がすっかり
ズレてしまってがっくりとしてしまうことがありますよね。

 

「どうしたの、今日は?」「そっちこそなんだよ!」
ああ、ファッションのミスマッチ。
これでは、彼がひそかにプランニングしていたディナーにも行けないし
彼女が思い浮かべていたスポットにいったら絶対に彼が場違いになる。
せっかくのデートだっていうのに、何して過ごせばいいんだろう。

 

そんなことにならないためには、デートの約束をする際に
自分が着ていくつもりのファッションに関する情報を提供しておくにかぎる。
「ちょっとドレスアップよ」とか「ジーンズで行くつもり」とか
アバウトでも情報があれば、相手もそれに合わせたコンセプトで
ファッションを選べるからミスマッチは起こらなくなるでしょうね!
ファッションもそうだけどムダ毛処理もワキ脱毛サロンで忘れずに

 

 

電車の中で隣の人が寄りかかってきたぁ・・・!

電車の中で隣の人に寄りかかれたとき、
よくあるのは相手の体を肩で押して戻したり、肘でつついたり。
これでたいていの人は姿勢を戻したりするけど、
なかにはしつこく何度でも寄りかかってくる人がいたりしますよね!
そんな経験ってないですか?

 

 

某企業に勤める女性の営業は、徹夜明けで電車の中で熟睡をしてしまい
気がついたら新聞紙の中に頭を突っ込んでいたことがあったそうです。
隣の人が倒れ掛かってくる彼女を読みかけの新聞で受け止めていたらしい!

 

 

電車の中で乗り合わせた隣の人が熟睡してしつこく寄りかかられた場合、
席が空いていし席を立つのもしゃくだし、寄りかかられたままでは不愉快なまま。
そんな時、思い切り前かがみの姿勢で浅く腰掛け直してみてはどうでしょう。

 

体が前に移動をしているので隣の寝ている人は上半身を傾けるところがなくなって不安定に。
寝心地が悪くなり眠れないので目を覚ますのでは...

 

 

電車で寝ている男性が隣に寄りかかる時は、
片方に男性、片方に女性がいると、決まって女性の方に倒れかかっていますよね。
両サイドが女性ならば、必ず若いほうに寄りかかってる。
男は、熟睡をしていても無意識に若くてキレイな女性に吸い寄せられるのでしょうね!

 

 

電車の中で席を譲ろうか・・・迷ったら一言!

還暦を過ぎてまもなく脳卒中で倒れ、左半身にやや後遺症が残った
元キャスターがしみじみとと語っていたことがある。
「できるだけ普通に行動できるように努力をしていますが、
 歩いたり、立ったりするだけでも、大変なエネルギーが必要なんです。
 だから電車で席が空くとホッとします。」

 

世の中には、ごく普通を装っていても、
本当はカラダがつらかったり、しんどかったりする人がけっこういたりします。
「この人に席を譲ろうかなぁ」と迷った時には、まず声をかけてみては。
「どうぞ」ではなく「お座りになりますか?」と声をかければよいでしょう。
自分は、まだ席を譲られるほど歳をとっていないとか、
元気であれば「いいえ」と断るだろうし、「座りたい」と思っていれば、
「ありがとう」といって腰をかけるでしょう。

 

もし、声をかけるのが面倒であれば、黙って席を立てばよいのです。
間違っても寝たふりをして、知らんぷりをするのはやめましょう。
タヌキ寝入りがミエミエなのは大人としてみっとも無いですね!

 

化粧液と化粧水は違うって知ってる?

化粧液は、簡単に言うと化粧水と美容液の中間みたいなもの。
化粧水よりもエイジングや美白などの効果な有効成分を多く含んでいます。
その分、純水に保湿ということでは、ちょっと物足りなかったり。
化粧液を使う前にも化粧液はつけたほうがいいですね。
そのほうが、化粧水が潤いの道筋をつくるので、化粧液が角質から吸収されるのを高めることができるので。

 

 

しかし、化粧品ブランドによっては化粧液1本で化粧水・美容液・乳液の機能を兼ね揃えているモノもあります。
その場合、事前に化粧水を使う必要は無いかもしれませんね。
それなら、敏感肌スキンケアのアヤナスがいいですよ!

 

 

使っていた化粧品を新しいものに替える時には、肌のトラブルを起さないように注意しなければなりません。
買い替える時の化粧品は、1品だけにしたいですね。
一度にたくさん取り替えてもしトラブルがあった時にどの化粧品が合わないのか判断できなくなってしまうので。